株式投資のローソクと値動きについて!

投資をしていてローソクという言葉を聞いたことがありませんか?
ローソクとはローソク足のことで、株価の動きを時系列に従ってチャート化した図表で、これをローソク足チャート言います。
ただ単にチャートと言われることもあり、日足、週足、年足とあり、短期チャート、中期チャート、長期チャートと異なりますが、それぞれの寄付き価格と引け価格の高値、安値でローソクが形成され、チャート上のローソクで蝋の部分の天井が寄付き価格、底が引け値、ローソクの糸として上に突き出た部分の先端が高値、下に突き出た糸の先端が安値となります。
上に突き出た糸は、高値のほか、天井などとも言われ、下にのびた糸は下天井とも言い、別に上ヒゲや下ヒゲとも言います。
蝋の部分が長く髭が長く上下に伸びていれば、その日の価格変動が大きく、価格が乱高下していることが分かります。
これは、チャート分析をする上でもっとも重要なものとなり投資判断を左右するものとなります。

陽線と陰線とがあり、寄付きより引けが高かった相場展開は陽線となり、寄付きを割り組む相場展開で形成されたローソクを陰線と言います。
この表示方法は、蝋の部分の塗りつぶしで、陽線は白、陰線が黒というのが一般的ですが、証券会社によって、陽線が赤、陰線が青など異なることがあります。
週足、年足で見る中長期チャートでは、上髭の先端部分が新高値となり、下ひげの先端部分が新安値となります。
これらの情報は、投資判断の重要なシグナルとなり、陽線が出ていれば上昇相場、陰線が出ていれば下降相場となります。
ただ、天井となった相場から売りが先行して株価を下げることがあり、業績が好調の企業であっても相場展開として価格を下げ、買場となることがあり、下げ相場で買い注文をすることを逆張り、上昇相場に乗ることを順張りと言います。